<< 線路沿いの町工場 旅情 >>
リネンとたまご
   ある日、突然白いものを撮りたくなりました。
c0082066_23232752.jpg
c0082066_23251842.jpg

それで選んだのが、リネンのタオルとたまご、石けんも撮ったけれどこれは再挑戦が必要です。
たまごって、赤いたまごより白いたまごの方が写真撮るの難しいと思う・・・
ガラスボールにいくつか白いたまごを入れて撮ったのは全滅でした。
このたまごも、ピントあってないけれど・・・
でも、こういうものはいつでも撮れるし、ある意味とても冷静に撮れ、写真を見直すときも同じく冷静でいられるので、良い練習になるかも・・・鶴見線とねこ撮ってるときなんて、全然冷静ではないので(笑)。
by nobulinn | 2009-02-26 23:38 | 日々のいろいろ | Comments(14)
Commented by mozukun11 at 2009-02-27 00:30
ひとつのことに集中する時間はたまに必要ですよね。
このふたつの写真はnobulinnさんの豊かさが伝わってきますよ。
タオルは柔らかさや温もりを表現されてますね。
たまごは卵から出てくる生命も感じさせます。
被写体に選ぶ感覚も素敵だと思います☆

Commented by lucca-truth at 2009-02-27 06:56
おはようございます
白い物の撮影は難しいですね、良く失敗してます。
玉子、柔らかな感じに撮れていてすてき!いいですね。
家で被写体を見つけるの苦手で、でも探してみようかな。
Commented by igu-kun at 2009-02-27 09:36
おはようございます。
卵と布の肌触りが伝わってきます。
ナチュラルな風合いが素敵ですね。
静物の撮影、私は本当に苦手でいつも失敗してしまいます。
特に白いものというのは本来の色合いを出すのが本当に難しいですね。
Commented by makudeco at 2009-02-27 12:05
nobulinnさんのこういうザラッとした感じの物撮り大好きです。
私はどうもこういう写真を撮るのが苦手で困ります(><)
Commented by nobulinn at 2009-02-27 22:37
mozukun11さん
こんばんは。
ありがとうございます。
そんな風に言っていただけて、ちょっと恥ずかしいけど、うれしいです(^^)
そうですね、いろんな場所に撮影に出かけるのは新しい出会いがあったりして、どきどきわくわくだけれど、落ち着いてじっくり集中するのも時には大切ですね。
それに身近にあるものを撮るのも、けっこう楽しいものだなって思います。

Commented by nobulinn at 2009-02-27 22:39
lucca-truthさん
こんばんは。
はい、白いものの撮影、けっこう難しいですよね。
質感が出てくれなかったり・・・
たまご、ありがとうございます、うれしいです♪
身近なもの・・・時々撮って遊んでますよ。
こういうものを撮るのも、けっこう好きです。
Commented by nobulinn at 2009-02-27 22:41
igu-kunさん
こんばんは。
ありがとうございます。
布と、たまごの肌触り、お伝えできているでしょうか・・・
白いもの、難しいですよね。
質感が出なかったり、色も思うようにならなかったり・・・
この時石けんも撮ったのですが、失敗でした、また挑戦したいと思います。
静物写真、難しいですが、嫌いではなくて、時々撮って楽しんでいます。
Commented by nobulinn at 2009-02-27 22:46
makudecoさん
こちらにもありがとうございます。
ざらっとした感じの物撮りの写真・・・あ~、なんだかその言い方とても私の気持ちに合っていて、うれしいです。
どうもありがとうございます(^^)
そうなんです、なんていうかあまり甘い感じに物を撮りたくない・・・
手を加えるんだけれど、さっぱりと無造作な感じで撮りたいっていうのは、とても思ってます。
makudecoさんは室内の空気感とか撮るの上手だし、こういうのもきっとすてきに撮るのではと思うのですが・・・?
Commented by nonoyamasadao at 2009-02-27 23:40
下の写真は、不安定の安定のような不思議な感じです。
色も、対象物もムダがまったくない。
省略された抽象的・人工的な美を感じました。
Commented by photo-nupuri at 2009-02-28 08:39
沈思黙考的なお写真、ふだんのお写真との脈絡の断絶ぶりと、
今回の哲学的様相に、目を丸くして拝見しております (^^)
SVで挑まれている点がさらにすごいですね。
ちなみに、思い切り絞り込まれたカットは撮られました?
Commented by atelier_color at 2009-03-01 00:10
固定されたモノ(卵)の中に
被験者(見る人)は
自分自身を反映してみるのか
客観視するだけなのか……。
Commented by nobulinn at 2009-03-01 23:50
nonoyamasadaoさん
不安定の安定・・・頭が混乱します・・・(^^;)
この時はただ、白いものを撮りたい!それだけでした。
白以外いらなかったんです。
それで白いクロスの上に、白いたまご・・・
どうせなら立っていただこうと(笑)、白いお塩を少々・・・
人工的な美だなんて、大変うれしいお言葉をありがとうございます。

Commented by nobulinn at 2009-03-02 00:03
photo-nupuriさん
沈思黙考的・・・脈絡の断絶・・・哲学的様相・・・!!!
はい、目を丸くされるのも、大変もっともなことだと思います(笑)。
この頃、ただ枚数だけ撮ってても、このままでは上達しないなと反省して、低レベルなところですが、いろんなもので試してるんです。
この前ご覧いただいた土鍋のポートレートもそんな中での写真です。
お付き合いいだたき、ありがとうございますm(_ _)m
これを撮ったときは、午前中の室内で光量もあまりなく、絞り込んでは撮影しませんでした。
1/125で絞りは2.8だったと思います。
写真で見たときこれより明るいものが良いかなと思ったのですが、画面で見たらこちらでした。
いろいろ撮っても画面に載せる時点で、自分の選択が変わってきてしまうのが困ります。
Commented by nobulinn at 2009-03-02 00:11
atelier_colorさん
いくつもコメントありがとうございます。
この写真を撮った時は、なんていうか実験者みたいな心持ちでした。
街を歩いているときに撮る写真とはまるで違うかもしれません。
普段私は撮る人の気持ちが投影されない写真なんてつまらないって感じることが多いし、その人の温度が感じられるような写真が好きで、自分でもそんな写真を撮りたいって思っているのですが、今回は白い物を白く美しく撮りたい・・・それだけ思って撮っていました。
身の回りの好きなものを撮っているのですが、ある意味とても冷静に撮っているような気がします。
もっとも、冷静になってもまだ迷いがあるところがこまりものなんですけれど(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 線路沿いの町工場 旅情 >>