<< パラダイスと呼ばれた街*2 六本木今昔 >>
パラダイスと呼ばれた街*1
川島雄三監督の「洲崎パラダイス 赤信号」を観て、久しぶりにこのあたりを歩きたくなりました。
c0082066_2317729.jpg
c0082066_23172716.jpg
c0082066_2318490.jpg

c0082066_23242630.jpg

c0082066_2319219.jpg

by nobulinn | 2009-08-10 23:27 | その他東京23区 | Comments(16)
Commented by igu-kun at 2009-08-11 00:09
こんばんわ。
1枚目の八百屋さん、繁盛しているようですね。日除けのストライプが素敵です。
2枚目にも惹かれてしまいました。味わい深い飲み屋街
建物の隙間から見える緑が何ともいいですね!
履物屋さんと呼びたくなる佇まい
グリーンの飾りと手描きのポップが最高ですね。
Commented by 猫綱 at 2009-08-11 00:24 x
これはまたシブイ映画の選択ですね!
川本三郎さんの著作(かなにか)で映画のあらすじは知っているのですが、未見です。

新開地だった州崎もいまは下町の風情ですね。
丁寧に補修されたネットもいい感じです。
Commented by zompees at 2009-08-11 02:18
うふふ。
3枚目に何気に写っている招き猫は見逃しませんよ。(^エ^)

ところで、にこみ家で出てくるのがどんな料理なのか
とっても気になります。(笑)
Commented by nobulinn at 2009-08-11 05:53
igu-kunさん
おはようございます。
ありがとうございます。
1枚目の八百屋さん、いつもけっこう賑わっているようですよ。
そうですね、この日よけのストライプ、建物の造りとともに印象にこ残りますね。
2枚目の場所は今回はじめて撮影してみました。
当時からあまり変わっていないのではないかと想像できるような光景でした。
履物屋さん、手作り感がすてきでした(^^)
Commented by nobulinn at 2009-08-11 05:57
猫綱さん
おはようございます。
あはは・・・渋かったですか・・・ですね(^^;)
私もこの映画のことは川本三郎氏の本で初めて知ったのかもしれません。
芝木好子さんの原作を読んでみるのもよいかもしれませんね。
映画の中に出てくるシーンが2枚目あたりの光景と少しだぶりました。
下町風情が感じられる光景にもたくさん出会えましたよ♪
Commented by nobulinn at 2009-08-11 05:59
zompeesさん
こちらにもありがとうございます。
あっ、さすが招き猫さんを見逃しませんね(^^;)
私もこれは撮らなくてはと思いました(笑)。
このお店、なんだか手作り感があって、良い雰囲気ですよね。
にこみやさん、私もちょっと気になります!?
Commented by lucca-truth at 2009-08-11 06:16
おはようございます
洲崎は東陽町のあたりを一度歩いているけど見てない風景ばかり。
渋いいい雰囲気の街ですね。
1枚目の八百屋さんがいいわね~、2枚目のスナックもいい感じ。
履物やさんの並んだサンダルと、
緑の飾りがアクセントになってますね。
Commented by まみ at 2009-08-11 08:18 x
え~!!!びっくりです。。両親の生まれ故郷です。。そんな「映画」があるんですか!母に教えてあげないと~。。すさき、とうようちょう、もんぜんなかちょう。。小さいころ、ほとんどこの辺にいました(母がよく実家に帰っていたので)。。。その原風景のせいで、今もこういう下町がすきなのかもしれません。。。 今はない、、祖母のすんでいたアパートの屋上に
石でできた洗い場があって、みんなそこで洗濯物を干すんです。私はその石の、洗い場の、蛇口がとっても不思議で、、ああ、もう二度と見れないんだ、、、寂しいなあ、、。。でもそういうのを鮮明に覚えているんです。。こういう靴屋さんのサンダルとか。。。なんか、もう一回いきたいです
Commented by nonoyamasadao at 2009-08-11 08:48
川島雄三監督大好き、洲崎パラダシスが最高傑作だとボクは思います。
洲崎って、こんな感じなのですか。
足袋といえば、福助足袋の時代の人です、ワタクシ。
Commented by mike-baku at 2009-08-11 11:25
こんにちは♪
私は全く知らなかったところです。
案外近いところに、いいところが・・・・
その、映画も見てみたいと思いました。
プラスティックでできた飾り・・・昭和ですね。
いい感じだなぁ~
Commented by photo-nupuri at 2009-08-12 12:59
未だ知らぬ「東京」の姿です。
しかも2枚目。
こいつぁお見それしやした <(_ _)>
あるいは深読みのしすぎだったら
失礼さんでござんした。
Commented by nobulinn at 2009-08-12 22:31
lucca-truthさん
こんばんは。
ありがとうございます。
lucca-truthさんもこのあたり、歩かれてますよね。
1枚目の八百屋さんは、界隈でもとても目立つ建物で、やはり全景を撮りたくて、道の真ん中から撮影しました。
2枚目の風景も、もしかしたら当時からあまり変わっていないのかな~と想像したのですが、正確なところはわかりません。
履き物やさん、とても良い雰囲気でしたよ♪
Commented by nobulinn at 2009-08-12 22:38
まみさん
こんばんは。
たしか門前仲町の方と仰っていましたよね。
そうでしたか、このあたりでしたか、私も、門前仲町から歩いたこともあったと思います。
懐かしい風景、ありましたか?
いただいたコメントを拝見して、アパートの屋上でみなで洗濯物を干す様子を思い浮かべました。
きっと世間話に花が咲いて・・・本当に昭和の映画の中のワンシーンのようです(^^)
今回、この日に撮ったやはり懐かしい良い佇まいのアパートをアップしてみましたので、ご覧いただけるとうれしいです。
川島雄三監督の映画、この土地にゆかりのある方が観るとまた違った感想を持つのかもしれませんが、私は少し前の東京の街が気になるので、興味深く観ましたよ。
Commented by nobulinn at 2009-08-12 22:42
nonoyamasadaoさん
こんばんは。
川島雄三監督、お好きでしたか!
ここで書いても、ご存じない方の方が多いのでは?と思っていたのですが・・・
そう言う私もこの1本しか観たことがないので、他の作品も観てみたいです♪
映画の中で、秋葉原のラジオやさんというのが出てきて、この当時から秋葉原はそういう街だったんだな~と、そんなこともおもしろく感じました。
Commented by nobulinn at 2009-08-12 22:44
mike-bakuさん
こんばんは。
そうですよね、街を撮るなんてことを始めていなければ、私もきっとこの街を訪れることはなかったんじゃないのかなと思います。
今は下町の風情が感じられる静かな街です。
履き物やさん、なんだか飾りとか手作り感覚にあふれてて、かわいらしいなって思いました(^^)
Commented by nobulinn at 2009-08-12 22:49
photo-nupuriさん
こんばんは。
東京の街にも、いろんな顔があって、街ごとにあたりまえですが、いろんな歴史がありますね。
歩いていてそんな片鱗に触れるのって、とても興味深いことだと思います。
特に今回は映画を観て歩いたので、なおさらでした。
ただ、今は下町らしい佇まいが感じられる静かな街です。
撮影地は、特別隠しもしませんが、あえてタイトルからは外してアップしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パラダイスと呼ばれた街*2 六本木今昔 >>