<< 通り雨の近づく街*前編 六本木 4 >>
六本木 5
地下鉄に乗るためまた大通りに出ると、路上の八百屋さんが目に止まりました、けっこう賑わっています。
どんな街にも普通の暮らしの風景がありますね、雑然と混ざり合った風景が、東京のおもしろさなのかもしれません。
c0082066_5474685.jpg
c0082066_549986.jpg
c0082066_5491934.jpg
c0082066_5493129.jpg
c0082066_5494486.jpg

by nobulinn | 2009-08-20 05:56 | その他東京23区 | Comments(16)
Commented by mami at 2009-08-20 06:14 x
お散歩日和」ここは,,なんか,私の,ヒーリングじゃないけど,今まで生きてきた記憶のかけら,みたいな感じで,朝一番で訪ねると必ず忘れていた何かをおもいだすんですよねえ、、

六本木エリアの思い出は,小さい頃の下町の思いでの透明感とは違うんですが(笑)。。。このガード下の写真が じいんときまhしたね、、のぶchan、と(本当です)よんでいた,私の独身時代の日本人の元カレ(笑)と いつもここを車で通り抜けていたことを思い出しました、、結婚すると思っていたんだけど、、道が分かれていたようですねえ〜。。。(汗)
Commented by lucca-truth at 2009-08-20 06:55
大都会の雑踏の中にもひょっと普通の暮らしが見えて面白いですね。
八百屋さんいい感じですね、
1枚目から3枚目、六本木らしいですね、
3枚目と4枚目すきです。
Commented by igu-kun at 2009-08-20 09:27
おはようございます。
路上の八百屋さん、六本木とは思えぬ光景ですね。
都心の真ん中にも生活の風景がある
そうした日常を思い出させてくれる今日のエントリーです。
最後も好きな1枚です。
落書きと黒い車の光沢、そのコントラストが印象的ですね。
Commented by mi-mian at 2009-08-20 19:22
こんばんは〜*
も〜、人の普段の様子を撮らせたらバツグンな
nobulinnさんですよね〜!
写っている方達の一瞬の日常をとらえるのがほんとウマイデス。
わわ、路上でお野菜売ってたりもするんですね!
びっくり。
六本木のイメージ、かなり変わりました^^
↓壁面アート、迫力満点!!
いれずみまで、描かれているなんて。すごいなあ。
Commented by e_kurato at 2009-08-20 21:47
東京は江戸の昔より世界有数の発展した都市だったと聞きますので、
人々の暮らしがあらゆる所に残っているのですね(^^)

この時期、歩くこと自体は問題ではないのですが、
日中暑さで100mも歩くと汗だくになって、撮影する気分になりませんよネ
ようやく少し涼しくなって、写欲が上昇してきた私です(^^;;

ではまた。
Commented by zompees at 2009-08-21 00:16
こんな人の賑わいが感じられる写真もいいですね。
自分がたまに無性に東京に行きたくなる理由が
なんとなくわかった気がします。

ところで下の記事ですが、一瞬ねぶた祭りかと思いました。(笑)
Commented by nonoyamasadao at 2009-08-21 07:12
一枚目から三枚目はよ~く知っているはずですが、どこか違う。
と思ったら、明るかった。夜しか知らない。
これ、八百屋さん??ですか。
そんなことあるんですね。意外というか、見直したというべきか・・。
Commented by nobulinn at 2009-08-21 22:43
mamiさん
こんばんは。
あらら・・・今回の写真は元カレを思い出してしまいましたか(^^;)
他の方が自分の知っている場所を撮影されていると、なんだかうれしいものですが、自分の撮った写真を見て、いろんなことを思い出していただけるのも、またとてもうれしいことです。
そんな時、写真ってやっぱりよいな~って心から思えたりして・・・
六本木、私個人ではあまりなじみのない街なんです。
イメージがどうしても先行してしまうような感じで・・・でも今回歩いてそれもだいぶ変わりました。
Commented by nobulinn at 2009-08-21 22:46
lucca-truthさん
こんばんは。
1枚目から3枚目、六本木といえばすぐ思い出すような風景かもしれませんね。
こんなふうに交差点に立ち止まって、人の流れを撮るのって、わりと好きで、いろんな街でしています。
3枚目、4枚目、気に入っていただき、うれしいです♪
ありがとうございます。
路上の八百屋さんに会えるとは思ってもみませんでした。
Commented by nobulinn at 2009-08-21 22:49
igu-kunさん
こんばんは。
仰るとおりですね。
都心の真ん中にもちゃんと普通の暮らしの風景があるんですよね。
当たり前のようなことですが、実際今回歩いてみて、そのことをより強く実感できて、なんだかうれしかったです。
最後、ありがとうございます。
黒い車が来なければ、たぶん撮らない写真だったと思うので、そう言っていただけて、大変うれしいです♪
Commented by nobulinn at 2009-08-21 22:55
mi-mianさん
こんばんは。
わ~・・・そんな風に言っていただけるなんて、感激です(^^;)
その街の空気って、やっぱり人が入った写真の方がより強く感じられるかなと思って、いろんな街の交差点で立ち止まって人の流れを撮ったりしています。
そうすると、意外とみんな気に止めないでファインダーの中をいろんな表情を浮かべて、通り過ぎていって・・・それがまた楽しいんです。
今回歩いてみて、六本木のイメージ、私も随分変わりました。
まさか路上の八百屋さんに会えるとは思いませんでした(笑)。
あっ、前回の壁画、よ~く見ていただきありがとうございます!
Commented by nobulinn at 2009-08-21 23:01
e_kuratoさん
こんばんは。
そうですね、賑やかな街の風景のかたわらにひっそりと昔ながらの暮らしの気配が感じられて・・・
そうしたものに気が付いたとき、なんだかうれしくなります。
カメラと歩くと、そういうものにより敏感になるような気がしますよね。
でも・・・ほんと暑いと長時間の撮影は厳しいですね。
この夏はあまりまとまって撮影をしていないので、少し不完全燃焼気味・・・そろそろどこか行きたいな~と写真のムシがムズムズしています(笑)。
Commented by nobulinn at 2009-08-21 23:03
zompeesさん
こんばんは。
こんなふうにただ街行く人々を撮すのって、意外と好きで、時折しています。
交差点に風景の一部みたいになってずっと立ってるんですけれど、ファインダーの中をいろんな人がいろんな表情を浮かべて過ぎていくのが、楽しいですよ。
前の写真もご覧いただき、ありがとうございます。
たしかにそんなふうにも見えますね!
Commented by nobulinn at 2009-08-21 23:07
nonyamasadaoさん
こんばんは。
やはりよくご存知の風景でしたね。
あっ、でもこのあたりを歩かれたのはやはり夜ばかりでしたか・・・
前に1度だけ夜の風景もデジカメでぱらぱら写したことはあるのですが、なんだかできの悪い写真ばかりでした。
いつか機会があったら、夜の六本木を撮るのもおもしろそうですが、実現しないかも・・・(笑)。
でも、今回歩いて、私も六本木のイメージ、大分変わりましたよ。
まさか路上の八百屋さんに出会えるなんて、思ってもいませんでしたもの。
Commented by photo-nupuri at 2009-08-23 09:37
路上の八百屋さん、たしかに想像さえつかない
六本木の姿です。
3~5枚目、みごとに浅いボケ具合、
臨場感にドキドキします (^^)(^^)
Commented by nobulinn at 2009-08-24 07:04
photo-nupuriさん
おはようございます。
3枚目から5枚目、ありがとうございます。
街の空気を撮したくて、こんな感じに撮ってみました。
ほんと、六本木で路上の八百屋さんって、イメージではないですものね。
このあたり、また撮影に来てもよいな~なんて、思ってしまいました(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 通り雨の近づく街*前編 六本木 4 >>