<< 煙突、富士山、小さな電車 15 マカロン*マカロン >>
煙突、富士山、小さな電車 14
富士駅周辺に戻って、載せきれなかった写真を数枚。

         梅雨入りしたのに、こんな青空のシーンですが・・・
c0082066_2334010.jpg

大変!今回なぜか踏切写真をまだ載せていませんでした・・・もちろん撮ってます!
c0082066_23384318.jpg

ここは貨物の廃線跡のようでした、鉄と草がとてもきれいだったな~♪
c0082066_23343436.jpg

ドラム缶も好きな被写体。
c0082066_23351733.jpg

by nobulinn | 2010-06-14 23:45 | 少し遠く | Comments(8)
Commented by uturohimoyou at 2010-06-15 07:56 x
おはようございます。
一枚目の色褪せた管と青空の対比がおもしろいです。 廃レールと草の写真もひかりがきれいですね。
ラストのドラム缶も迫力がありました。 充実した撮影行でしたね。
Commented by igu-kun at 2010-06-15 09:35
おはようございます。
青空を背景に存在感満点のダクト、格好いい1枚ですね。
草の生えた線路の光景も爽やかです!
ラストの1枚も堪りません。
緑と錆色のコントラストは不思議な美しさがあると感じました。
Commented by mi-mian at 2010-06-15 11:04
こんにちは〜*
オイ、オスナヨ〜な、ダクト、迫力ありますね〜
ふふ、踏切は外せませんよね^^
野の草が主役になってる焼けた線路もいいなー
赤いドラム缶、面白い形ですねえ。
巨人が巨大なパンを作るための麺棒みたい〜(笑)
これも、いい具合に時がたち、素敵な色になってますね^^
Commented by mizuki_2004 at 2010-06-15 18:11
>何キロくらいでしょう・・・20キロは軽く超えているかな・・・??
それは凄いー。たしか横浜で16km歩かれたと書かれてましたが、歩くのも
お好きなんですね。私も歩くのは苦にならないほうと思ってましたが、とても適いません。
やっぱり良い写真は足でとるものですね。
歩くスピードで見続けたシーンを収められるのが、nobulinnさんのお写真のリアリティの根本なんでしょう。

Commented by nobulinn at 2010-06-16 07:23
uturohimoyouさん
おはようございます。
1枚目、色あせた管が自らの意志で青空に登って行くみたいな印象を受けました。
3枚目、ありがとうございます。
光りをうけて揺れる草と、延々と伸びる線路、こういう光景は大好きです。
ドラム缶の重量感にも圧倒されました。
今回はちょっと似たような風景が多くなりましたが、どれも好きなものばかり・・・つい写真も多くなってしまいました。
Commented by nobulinn at 2010-06-16 07:25
igu-kunさん
おはようございます。
1枚目、ありがとうございます。
この光景はやっぱり青空でよかった~と思いました。
そして、3枚目屋、その次の写真に共通するさび色と緑の組み合わせ・・・
どうして、こんなに惹かれてしまうのでしょう・・・(笑)。
ドラム缶はとても重量感があり、見上げるほどでした。
Commented by nobulinn at 2010-06-16 07:29
mi-mianさん
おはようございます。
あっ、ダクトは押し合いへし合いで空に登っていくところだったんですね!(笑)
はい、踏切はもうね~・・・はずせませんとも!(^^;)
ありがとうございます。
3枚目の風景はほんとどきどきするくらいすてきでした。
野草、お花が咲いたりしてて、こういうとこ大好きです。
そして、このドラム缶(ほんとはそうじゃないのかな?)、形が不思議だし、大きいし、迫力満点でしたよ。
ほんと良い色になってますよね!
Commented by nobulinn at 2010-06-16 07:32
mizuki_2004さん
おはようございます。
ありがとうございます。
でも、そんな風に言っていただくと、ちょっとお恥ずかしいです(^^;)
ただカメラと歩くのが好きなだけなんですから・・・
撮影に行くと、けっこう休まず延々と歩き続けてしまいます。
時々、駅はどこ?帰れない・・・みたいな状態に陥ったりもしますけれど・・・(笑)。
でも、迷子のおかげで思わぬ光景に出会えたりもするので、それもまたカメラ散歩の楽しみですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 煙突、富士山、小さな電車 15 マカロン*マカロン >>