<< 梅雨の合間の下町散歩 8 鉄分にお醤油を1滴* 仲ノ町 >>
銚子電鉄*午後の時間
延々とお付き合いいただいている銚子の旅も、そろそろ終わりが見えてきました。
このあたりで、載せきらなかった銚子電鉄の写真を・・・
c0082066_721457.jpg

c0082066_7161046.jpg
c0082066_7165192.jpg
c0082066_719229.jpg

c0082066_7222484.jpg

by nobulinn | 2010-07-13 07:27 | 銚子 | Comments(16)
Commented by メバル at 2010-07-13 08:11 x
1枚目と2枚目、ほのぼのとしていて好きです。
床が木製なんですエ~すごいです。
色合いも雰囲気も昭和初期に逆戻りしたみたいです。
銚子電鉄、ばんざ~い!
おまけに...
タコのパウロ君、ばんざ~いイ!!
Commented by gibbsrandy at 2010-07-13 08:45
おはようございます。

こんな電車。。。。まだあるんですね~。。。。。是非乗ってみたいです。

床がすごい。。。。あと この扇風機が!(涙)

乗ったら絶対に。。。お昼寝しそうです。。。。

まみ
Commented by igu-kun at 2010-07-13 09:19
おはようございます。
昔のままの姿で走り続ける銚子電鉄、素晴らしいですね。
扇風機に板張りの床、それぞれに歴史を感じます。
3枚目の切り取りも懐かしさがいっぱいで大好きです!
外観も格好いいですね。いつまでも頑張ってほしいです。
Commented by mike-baku at 2010-07-13 17:46
こんばんは
銚鉄最高!ですね。
↓いろんな色の車両があるのですね、その色合いも素敵。
木の床の車内もいいなぁ~
醤油が効いた鉄分、とっても良いです!
Commented by mizuki_2004 at 2010-07-13 20:19
油引きしてある木の床板の電車。
まだ現役だったんですか。いやぁ、乗ってみたいな。
Commented by ひろ at 2010-07-13 20:23 x
既にご存知の方も、いらっしゃるかもしれませんが。

この板張りの床の電車。老朽化が激しく進み廃車になります。
その代わりに、新しい電車が走ることになりました。

思い出の1枚になりそうですね。
Commented by yuta at 2010-07-14 11:56 x
こんにちは
木の床に扇風機レトロな電車ですね
あたしも乗ってみたいです
外観の色やかたちもいいです^^
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:14
メバルさん
こんばんは。
この電車、すてきでしょう~!
偶然乗った電車が、木の床だったので、もうかなりうれしくなっちゃいまいしたよ(^^)
はい、銚子電鉄はとってもすてきです。
でも・・・なんでここにタコのパオロ君が登場ですか!?(笑)
食べられちゃったりしなくて、ほんと良かったですよね~。
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:17
mamiさん
こんばんは。
この車両、ほんとレトロですてきですよね。
私も扇風機といい、木の床といい、うれしくなってしまいました。
そうですね。
しばらくこの電車に揺られていたら、私も絶対うとうとしてしまうと思います。
ただ、銚子電鉄は全線乗っても、とても短い路線なのです・・・(笑)。
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:21
igu-kunさん
こんばんは。
そうですね、銚子電鉄、古めかしい車両が今も現役でがんばっていますね。
扇風機、木の床、偶然乗った電車で、こんな光景に出会えたので、もううれしくなってしまいました。
3枚目、ありがとうございます。
1両編成の電車の後ろの窓から撮影した1枚です。
赤いこの車両もかっこいいですよね。
はい、がんばって欲しいと思います。
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:24
mike-bakuさん
こんばんは。
あはは・・・醤油のきいた鉄分、良いですか?
うれしいです、ありがとうございます♪
このところ、ますますしょっぱめのものばかりって気がしますね(笑)。
銚子電鉄は、ほんと楽しいですよ。
この前の岳南鉄道も大好きだけれど、銚子は海が近いせいか、また違った感じですね。
この木の床の電車に偶然乗れたのは、とってもうれしかったです♪
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:29
mizuki_2004さん
こんばんは。
そうなんです。
今も木の床の電車が現役でがんばっていました。
前に江ノ電でも木の床の車両に乗ることが出来たのですが、今はもうなかなかないですよね。
この時も、もううれしくなってシャッターを切りました。
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:35
ひろさん
こんばんは。
えっ、そうだったのですか!?
今回何も知らずに、偶然乗った電車が木の床で感激してのですけれど・・・
老朽化ですか・・・まだまだ大丈夫そうな感じがしたのですが、とても残念です。
廃車というのは寂しいですね・・・でもお疲れさまでしたって、言いたいです。
教えていただき、ありがとうございました。
Commented by nobulinn at 2010-07-14 23:38
yutaさん
こんばんは。
はい、偶然乗った電車が木の床のレトロな車両だったので、とてもうれしくなってしまいました。
今では珍しいですが、ローカル線に乗ると、時々古い懐かしい雰囲気の電車が現役でがんばっていてくれますよね。
なんだかとても愛おしいような気持ちになります。
Commented by nonoyamasadao at 2010-07-15 22:02
銚子電鉄の午後、よい感じですね。
夏休みになると、学生や子供の姿が消えて、地元のオバちゃんだけとかになる。
若いとき、お袋にちょっと行ってくるね~っていって、こんな旅ばかりしてました。
Commented by nobulinn at 2010-07-15 23:30
nonoyamasadaoさん
こんばんは。
この日はとても良いお天気で、午後の光りが車内に差し込んで、とっても良い気分でしたよ♪
あっ、そうですね、この時はランドセル姿の小学生の姿もありますが、もうすぐ夏休みですね。
若い頃はこんな旅をよく楽しまれましたか?
そんな頃を思い出しながら、ローカル線に揺られる旅、この夏いかがですか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅雨の合間の下町散歩 8 鉄分にお醤油を1滴* 仲ノ町 >>