<< 大師橋を渡る* また来よう・・・* >>
宝箱*
なんていうことないけれど、気持ちが動く瞬間。 宝箱にそっとしまいたくなる日々のシーン・・・
c0082066_2250366.jpg





少し前に録画しておいた、宮城の高校の写真部員たちを追った番組を見ました。
多くの生徒が震災の被害に遭ったこの高校、部員達も家族や家を失いました。
そうした中で、どう現実と向き合っていくか・・・
まだまだ通過点だと思うけれど、番組は彼らのその様子を追っていきます。

津波に呑まれた街を淡々と撮し続ける女子部員、きっとそれはとてもつらい作業・・・
なんていうか、心が真っ黒な雲でおおわれて、何か感じたりすることすら出来なくなりそうなくらいに・・・
でも、たぶん撮らずには居られなかったのだろうなとも思いました。
毎日毎日、自分と家族が見ていた海、想い出の場所・・・
なんだか彼女はそんなかけらを探しているみたいに見えました。
そして、また、そうした現実から目をそらすように、美しい風景にばかりレンズを向ける部員も・・・
ふたりとも同じように、真剣に今の現実とどう向き合えば良いのか、心の中で、もがいているのだと思う。

一方で彼らが、同時に撮り続けたのが友達の写真・・・高校生としての普通の日常・・・
顧問の先生のアドバイスもあって、彼らはそんな日々の写真を何枚も何枚も撮り続けました。
そして、その中で少しだけ現実との接点を模索していっているように見えました。
写真部員たちが、撮ったたくさんの写真の中には、大変な状況の中で、普通に日々を生きている同級生たちの姿とか、笑顔とかがいっぱい写っていました。

写真で、まわりの世界と対話したり、繋がったり・・・そして、自分の気持ちと向き合ったり・・・
その方法が写真ではない人ももちろんいるし、写真なんていらないという人もたまにはいるけれど、撮りためたアルバムって、なんだか心の中の宝箱みたいな気がする。
そして、その宝箱は、悲しい日にきっと元気をくれる・・・

この頃、ふっと考えてしまうことがあって、なんとなく少し言葉に出来るかなと思って、つらつら書き連ねてみました。
う~・・・下手な考え、休むに似たり・・・(^^;)))))))))
暑いけど、写真撮ろう・・・
by nobulinn | 2011-08-06 23:42 | その他東京23区外 | Comments(12)
Commented by sakura at 2011-08-07 06:35 x
こんにちは。

子供たちは夏休みですね♪
私もこういう事してみたかったなぁ・・
何気ない一コマ、、,好きです(^^)/
Commented by uturohimoyou at 2011-08-07 11:36 x
巡り会った 目の前の風景を 写真に残す そのことが出来る幸せ
nobulinn さんの写真には その感謝のこころも写りこんでいますね
Commented by e_kurato at 2011-08-07 21:05
なにげない日常を生きていくことが宝物のような時間かもしれません。
ステキな瞬間と、お話しありがとうございます。
ではまた。
Commented by mizuki_2004 at 2011-08-07 22:18
黄色い電車がはいるこのポイント、何度か拝見しているように思います。

目に残った風景。いつまでも、止むことなくとり続けられたらと思います。

Commented by nobulinn at 2011-08-07 23:23
sakuraさん
こんばんは。
はい、夏休みまっただ中って、感じですね♪
この子は、ザリガニ捕りに夢中になっているようでした。
ありがとうございます。
Commented by nobulinn at 2011-08-07 23:27
uturohimoyouさん
こんばんは。
ありがとうございます。
なんだか宝物みたいって感じる光景に出会える瞬間、写真撮っててよかったなって、思える瞬間でもありますよね。
Commented by nobulinn at 2011-08-07 23:28
e_kuratoさん
こんばんは。
こちらこそ、長々と書きつづってしまいましたが、お付き合いいただき、ありがとうございます。
普通の日々が、一番すてき・・・宝物のような光景に出会う度にそう感じます。
Commented by nobulinn at 2011-08-07 23:33
mizuki_2004さん
こんばんは。
はい、ここ好きな場所で、時々撮影しています。
前にも、ましかくでこれとよく似たシーンを撮ったことがあります。
大切な風景、いつまでも撮り続けていきたいですね。
Commented by kerosanba-kero at 2011-08-08 12:12
こんにちは。
少年と黄色い電車と緑のある水辺
nobulinnさんが好きな場所って言うのが何となくわかるなぁ
本当に何気ない日常が一番大切ですよね。

たしかに辛い現実と向き合ってゆくのは苦しい
でも、いつか笑顔になれる日が必ず来ると思うし、そう信じたいです。写真はそのお手伝いをしていると私は思いますよ。

Commented by nobulinn at 2011-08-08 23:05
kerosanba-keroさん
こんばんは。
はい、ここはとても好きな場所です。
すでにブログ上にも何度も登場している場所なのですけれど、とてもリラックスしてカメラとお散歩できます。
長いひとりごとのような文章にもお付き合いいただき、ありがとうございます。
そうですね、写真を撮ることで救われたり、また誰かが撮った写真に幸せな気持ちをもらえたり・・・
そういうことって、きっとありますよね。
Commented by photo-nupuri at 2011-08-09 19:56
すばらしいシーンですね。
電車が過ぎたあと、この場を支配する音をイメージしてみました。

写真を撮ることで、自分と向き合うわけで。
写真ってすごいなと思います。
Commented by nobulinn at 2011-08-10 18:56
photo-nupuriさん
こんばんは。
ここは、駅のすぐそばなのですが、玉川上水と線路が交差して、とてものどかな風景を楽しむことができます。
踏切の音を聞きながら、のんびり雑木林を散策することもできる好きな場所です。
知らず知らずのうちに、写真にはいろんなことが写り込んでいるのかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 大師橋を渡る* また来よう・・・* >>