<< 鶴見線~2011年、夏 2 9月~ある夕暮れ >>
鶴見線~2011年、夏 1
             とういうわけで(?)、鶴見線です。
c0082066_2292175.jpg
c0082066_2293291.jpg
c0082066_229423.jpg
c0082066_2295221.jpg
c0082066_2210299.jpg
c0082066_22101510.jpg
c0082066_22103363.jpg

先日、昭和の戦争の記憶の数々を撮った写真展を見てきた。
知識として知ってるつもりでいるのって、とてもつまらないことだし、危険なことかもしれないな・・・そして、やっぱり視覚に直接訴えてくる写真の力ってすごい。今更ながらの感想だけれど、そう思いました。

そして、ここ鶴見線は、戦争の傷跡がけっこう残っている路線でもある・・・開いた電車のドアから4枚目の写真を撮って、顔を上げると、前の席におじいちゃんのにこにこ笑顔があった。
「ちょっと変わった路線でしょう? ここ昔は私鉄だったんですよ。でも、工場があるでしょ、戦時中物資調達のために国が買い上げてね・・・それでJRになったんですよ。」

よくこのあたりを歩かれているというおじいちゃん、会う人たちにこんな風に時々お話していらっしゃるのかな・・・だとしたら、それはとても素敵なことだと思う。小さなきっかけでも、人はその街の歴史に思いを馳せることが出来るのだもの。何事も、関心を持つことから始まる・・・何かが変わる・・・
by nobulinn | 2011-09-22 22:32 | 鶴見線 | Comments(10)
Commented by snufkins0019 at 2011-09-23 00:30
鶴見線って工場地帯を走っているのでしょうか?
のどかな景色ですね^^

戦時中は簡単に語る事の出来ない辛い経験をしてきたのに
今では笑顔でサラリと語ってしまう・・・・。

昔の人は逞しいですね。
Commented by photo-nupuri at 2011-09-23 12:40
線路も、工場地帯に刻まれて残る過去。
レアでコアなお話の出だし。
お写真にも期待です (^^)
Commented by nobulinn at 2011-09-23 23:20
snufkins0019さん
こんばんは。
はい、鶴見線は工場にお勤めの方たちのためにあるような路線で、朝夕の時間帯以外は、極端に電車の本数も少なくなります。
でも、昼間は人気も少なくて、線路に草が生えている様子などは、どこかのどかな感じにも見えるかもしれませんね。
戦時中のことを知る人は、だんだん少なくなっていきますが、辛いことでも語り継ぐことが大切なのでしょうね。
Commented by nobulinn at 2011-09-23 23:26
photo-nupuriさん
こんばんは。
知らずに通り過ぎてしまいがちですが、こんな風にちょこっとでも話していただくと、改めて心の中に残るし、気持ちを傾けることができますよね。
街の歴史を知るのって、たぶんそういうことなのかな~なんて、思いました。
写真展に行ったのは、つい最近のことなのですが、見ながらこの時のこと思い出しました。
でも・・・残念ながら、写真には全然反映されていません(笑)。
Commented by pop128 at 2011-09-24 12:29 x
こんにちは。
そうなんですよね。こういう埋もれちゃった記憶は
ちゃんと、自分の記憶の中に残したいですよね。
おーじちゃんや、おばあちゃんの戦争の記憶を沢山
聴いておきたいと思っています。
Commented at 2011-09-24 12:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nobulinn at 2011-09-25 23:18
pop128さん
こんばんは。
そうですね、悲しくて、辛い歴史だけれど、忘れてはいけないことだし、同じ過ちを繰り返さないためにも、伝えることが大切ですね。
いつもじゃなくても、時にそういうことを思う時間を持ち続けるだけでも、何か違うんじゃないかなって思います。
Commented by nobulinn at 2011-09-25 23:22
鍵コメさん
こんばんは。
板橋区、北区あたりには、けっこう遺構が残っているようですよね。
前に十条でそんなひとつを見ましたが、その街の今ってまるでそんなイメージがないので、不思議な感じがします。
少しネットで検索してみたら、すごい歴史ですね。
教えていただき、ありがとうございます。
Commented by makochi09 at 2011-09-26 23:23
こんばんは鶴見線でのお写真、線路に緑がいっぱい覆われてて
のどかな雰囲気だけど
戦争時代を知るおじいちゃんの話を聞くとその時代は
いつ爆弾が落ちてくるかわからない大変な場所だったんだぁ
って街を見る目も変わりますね・・

しかしエサの皿みたいなのがいっぱい置いてある写真がありましたが・・猫とかいっぱいいるのかな?
Commented by nobulinn at 2011-09-27 07:51
makochi09さん
おはようございます。
鶴見線、昼間は人も少なくて、電車の本数も少ないし、線路は緑で覆われいているしで、なんとなくのどかな感じもあるのかもしれませんね。
でも、やっぱり工場地帯を走る電車・・・独特の雰囲気がありますよ。
そして、そうなんです。
今も戦時中の傷跡が多く残る路線なんですよね。
ほんと、そういうことを少しでも知ると、街を見る目って変わると思います。
あっ・・・6枚目の写真ですね?
はい、これねこさん用です。
沿線、ねこがとても多くて、この駅ではねこの世話をしているようなんです。
お皿の上の写真、わかりにくいですが、同じ駅で撮影したもので、ちゃんとねこが安心できる場所まで作ってあるんですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鶴見線~2011年、夏 2 9月~ある夕暮れ >>