<< 鶴見線~2011年、夏 4 鶴見線~2011年、夏 2 >>
鶴見線~2011年、夏 3
             前にも撮ったことのある風景だけれど、やっぱりまた撮りたくなってしまう。 
             工場地帯を悠々と歩くねこ、小さくて、たくましい。
c0082066_2303054.jpg
c0082066_2305569.jpg
c0082066_2311275.jpg
c0082066_2312313.jpg
c0082066_232343.jpg
c0082066_2321685.jpg

by nobulinn | 2011-09-25 23:10 | 鶴見線 | Comments(6)
Commented by mike-baku at 2011-09-26 15:11
あ~~
こちらも魅力的!
そして猫ちゃんまで!
ここへ行ったら、そうとうテンションあがってしまいそうです!
Commented by N_HAKO at 2011-09-26 18:40
こんばんは〜
あぁ、意外と整然にきちんとしている部品達ですね(w
錆びと猫は やっぱり似合いますね^^
Commented by nobulinn at 2011-09-26 22:17
mike-bakuさん
こちらにもありがとうございます。
鶴見線に行くときは、いつもフィルム、少し多めに入れていきます。
どうしても撮りたくなる風景がたくさんなので・・・
そして、この界隈、ねこさんがとても多いんですよ。
駅で暮らしてる子もいるし、工場地帯にもいっぱいいます。
でも、ちょっと埃っぽいので、風のない日がお勧めですよ。
Commented by nobulinn at 2011-09-26 22:20
N_HAKOさん
こんばんは。
整然とした部品たち・・・
そう言えば、ちゃんと片付けられていますね(笑)。
たまに町工場の内部が見えていることとかもありますが、やっぱりちゃんと片付いていますよね。
仕事の効率と、安全のためなのでしょうね。
はい、ねこさんと錆は、とっても良い組み合わせです♪
Commented by photo-nupuri at 2011-10-01 10:20
まるで暮らしの街のように、無機的ではなくて、
蔦が絡まっていて、猫がいて、でも人そのものがほとんどいなくて。
やっぱり不思議な街です。
Commented by nobulinn at 2011-10-02 23:22
photo-nupuriさん
こんばんは。
そうですね、不思議な街だと思います。
工場地帯でありながら、なぜか冷たい感じでもなくて・・・
駅の方が、ねこたちを大切にしていたり、まちまちに古くから暮らす方たちの暮らしの風景がかいま見られるするせいかもしれませんね。
でも、大体は殺風景な風景が延々と続くので、1度行くとしばらくはいいやっていう気分にもなるのですけれど・・・(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鶴見線~2011年、夏 4 鶴見線~2011年、夏 2 >>