<< 佐倉 2 H先生のこと >>
佐倉 1
                   今月はあまり撮っていないので、1年前の写真から・・・
c0082066_043432.jpg
c0082066_045417.jpg
c0082066_05798.jpg
c0082066_052038.jpg
c0082066_054381.jpg
c0082066_06133.jpg

by nobulinn | 2011-12-22 00:08 | 少し遠く | Comments(4)
Commented by @てつ at 2011-12-22 23:11 x
たつきの煙は東京など都市部ではまず見られなくなりましたね。
寒さの増す今日この頃ですが、エアコンなど最近の暖房に比べ、
木を燃やした炎(ほのお)の暖かさ、熱さはダイレクトで力強いです。
大晦日、お焚き上げの炎を見つめていると顔が熱くなります。
Commented by mike-baku at 2011-12-23 01:07
こんばんは
秋から冬への良い雰囲気がいっぱいですね
この時期の光と色っていいですよね
すごく盛りだくさんのお願い事・・・叶うといいですね^^
Commented by nobulinn at 2011-12-23 23:51
@てつさん
こんばんは。
そうですね、子どもの頃は庭で薪などしましたが、今はもうできませんね。
炎のあたたかさって、仰るとおり、より直接的に感じられる気がします。
そして、揺れる炎を見ているとなんだか落ち着いて、心の中もぽかぽかしてきますね。
Commented by nobulinn at 2011-12-23 23:54
mike-bakuさん
こんばんは。
去年のたしか11月の終わり頃に、撮った写真です。
色づいた銀杏の葉が神社の屋根に降り積もっていました。
そうですね、晩秋の光りってとてもきれいで、紅葉もきらきらして見えますよね。
短冊・・・去年は何も感じなかったけれど、今見ると「安全なくらしがしたい」という願いが、とても必死なものに感じられたりもします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 佐倉 2 H先生のこと >>