<< 江戸東京たてもの園 8 江戸東京たてもの園 6 >>
江戸東京たてもの園 7
  昨日は、春の嵐のような1日でしたね。 高いビルのそばは、ビル風で吹き飛ばされそう・・・怖いくらいでした。
  写真は、青梅にあったという万徳旅館。 入り口から裏側へ抜ける空間がとても美しかった。
c0082066_075135.jpg
c0082066_091032.jpg
c0082066_093886.jpg

c0082066_0173774.jpg

               ☆ご一緒した mikebakuさん と makudecoさん の写真も合わせてどうぞ!
               ☆江戸東京たてもの園について知りたい方は、こちらへ・・・
by nobulinn | 2012-04-01 00:14 | その他東京23区外 | Comments(8)
Commented by masashiw2 at 2012-04-01 00:48
初めまして ご訪問有り難うございました。
たてもの園、いろんな捉え方を楽しく拝見しました。銀塩の味わいも和みます。
この青梅の旅籠、いい味出してますよね。
↓常盤台写真場は光が柔らかく、とても好きな場所です。
今後とも宜しくお願いいたします。
Commented by igu-kun at 2012-04-01 22:18
こんばんは
1枚目と2枚目、長年使われてきたものたちの
静かなる佇まいが何とも印象的ですね。
その場の空気を感じます。
たてもの園、一度は訪れてみたい場所です。
Commented by nobulinn at 2012-04-01 23:04
masashiw2さん
こんばんは。
お越しいただき、ありがとうございます。
たてもの園、初めての訪問で思った以上に楽しくて、目についた物をいろいろと撮ってきました(笑)。
この旅籠も、とても良い雰囲気ですよね。
常盤台写真場は、前々からとても見たかった建物なのですが、光りの美しさに感激しました。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by nobulinn at 2012-04-01 23:11
igu-kunさん
こんばんは。
1枚目、2枚目、こんな風合いは、時間を経て使い込まれたものだからこそのものですね。
ありがとうございます。
たてもの園、今回初めてでしたが、とても楽しかったですよ。
撮影も自由に出来るので、是非お勧めいたします。
Commented by てつ at 2012-04-02 21:31 x
ああ、この旅館はワタシが行った時にはまだありませんでした。
>入り口から裏側へ抜ける空間~
昔の日本家屋は解放感がありましたね。
園内には他にもこういう開放的な造りの建物が幾つかありました。

表のガラス戸は風情がありますね。旅籠時代は障子戸だったのでしょうか。
入口を入った所の温かみのある土間が好い感じです。
階段の位置とか天井の梁なども旅籠を連想させます。
Commented by nobulinn at 2012-04-02 23:29
てつさん
こんばんは。
はい、この旅館はたてもの園の最初からあったものではないようですね。
あとひとつ移築される建物があるようですよ。
昔の日本家屋、風が抜ける造りというか、開放感があって、気持ちよいですね。
そして、やわらかいガラスの質感、入って奥へと続く土間・・・みんなとてもすてきでした。
看板があって、ちょっと苦労しましたが、なんとか入れずに撮影することができました。
Commented by photo-nupuri at 2012-04-04 21:17
3枚目、時代劇で見るような、わらじを脱ぐ客、足を拭く丁稚の姿を
想像しました。なるほど、珍しい建物ですね。
1枚目、光がきれいです。
Commented by nobulinn at 2012-04-06 00:41
photo-nupuriさん
たしかに時代劇のワンシーンを連想させるような光景ですね。
土間と、風が吹き抜けるような空間がとてもすてきでした。
1枚目、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 江戸東京たてもの園 8 江戸東京たてもの園 6 >>