<< 5月の始まりは潮風の街で・・・ *6 5月の始まりは潮風の街で・・・* 4 >>
5月の始まりは潮風の街で・・・*5 小坪タローちゃんへ・・・
ここ一ヶ月の間に、何故か3度も小坪を訪れています。 ここは、何もないけれど、好きな空気が流れているし、それに何より、小坪タローちゃんに会えるから・・・今回の写真、最後に会ったタローちゃんになります。
c0082066_0373969.jpg

c0082066_0381065.jpg
c0082066_0401046.jpg
c0082066_0405619.jpg

タローちゃん、性格が良くて、人なつこくて・・・会いに行くと、いつもわざわざ起きてきて挨拶してくれます。そして、タローちゃんと遊んでいると、いろんな人が「タローちゃん、遊んでもらって良かったね~」とにこにこ声をかけていくのです。ほんと、みんなに愛されたねこさんでした。今日、会いに行くと、いつものおうちに飼い主さんの言葉とお花が添えてありました。タローちゃんは、3日前、22才で永遠の眠りについたそうです。最後に会った時も、寝ていたのによろよろと起き上がってきて、いつもみたいに手をなめてくれました。途中でへたりこんでしまったけれど・・・タローちゃん、最後まであったかいものをくれたね・・・ありがとうね。

元気なタローちゃんには、こちらと、こちらと、こちらで会えます。


                                ☆ 今回ご一緒したmike-bakuさん のお写真は、こちらで!
by nobulinn | 2012-05-19 00:07 | 逗子・葉山 | Comments(14)
Commented by wonderboy-kikpy at 2012-05-19 02:08
タローちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
日差しが心地良さそうです。
きっと大往生だったのでしょうね。
Commented by photo-nupuri at 2012-05-19 10:38
好きだった猫さんがいた店に行くと、いつも思い出してしまいます。
定めとはいえ、記憶の中にある存在になってしまったんですね。
Commented by nobulinn at 2012-05-19 23:57
wonderboy-kikpyさん
ありがとうございます。
人間で言うと、いくつくらいでしょうか・・・
はい、みんなに愛されて、良いねこ生・・・
最後まで自分の足で歩いていたそうです。
まさに大往生だったと思います。
Commented by nobulinn at 2012-05-20 00:02
photo-nupuriさん
こんばんは。
いつもいるはずのお店のねこさん、姿が見えなくなったら、やはり寂しいでしょうね・・・
タローちゃん、このところやはりだいぶ弱っているのは感じていたので、これからの季節大丈夫かな?と心配していたのですが、こんな急にとは思っていなくて・・・
このところ頻繁に会っていただけに、逆に思いがけないような気分でした。
でも、タローちゃん、いろんな人の心の中にあたたかく生き続けると思います。
Commented by てつ at 2012-05-20 08:09 x
猫って普段は自分勝手で我儘な生き物だと思うんですが
ここぞ!という場面、節目では義理堅く熱き心で接してくれます。
猫好きな人はそれぞれ泣けるエピソードがあることでしょう。
ワタシも…
だから猫が好きです。
Commented by nobulinn at 2012-05-20 23:46
てつさん
こんばんは。
そうかもしれませんね。
写真を撮るきっかけをくれた子も、最後に会った日は珍しく自分から膝の上に抱っこしてきました。
何かあるのかもしれませんね・・・
ねこも、犬も、一緒ですね。
ちゃんと気持ちを通わせることができると思います。
Commented by surigon at 2012-05-21 21:18
長生きした猫ちゃんだったんですね
ご冥福をお祈りします
Commented by nobulinn at 2012-05-21 22:13
surigonさん
22才というのは、人間にしたらいくつくらいかわかりませんが、相当な長寿ですよね。
みんなに愛されて、まさに大往生。
ありがとうございます。
Commented by mike-baku at 2012-05-22 17:06
こんにちは
本当に、あの日会えて良かった。
バクチャンの最期の頃に重なる印象があったので
この夏が越えられるかなぁ って思ってたのですが・・・。
タローちゃんは 大往生だったしとっても幸せでしたよね。
寂しくなるけど また小坪へは行きましょうね。。。。
Commented by nobulinn at 2012-05-24 08:07
mike-bakuさん
おはようございます。
ほんと、またあの日会いに行って良かったです。
去年あたりからけっこう暑い時期は辛そうみたいだったけれど、まさかこんな急にとは思っていなくて・・・
でも、最後までみんなに愛されて、ちゃんと自分の足で歩いて・・・
良いねこ生だったんじゃないかな~と思います。
そうですね、小坪にはまた行きましょうね。
あの、お隣のお店にも挑戦しなくちゃだものね(笑)。
Commented by makudeco at 2012-05-26 09:58 x
タローちゃんは人間で言うと120歳だったそうです。
ヨボヨボになって当たり前ですね((((^^!
私が最後お花をあげに行った日、
タローちゃんの小屋の前でお父さんが海を眺めていました。
何度もタローちゃんに会いに行ってたけど
お家の人に会うのは始めてで、
お陰でお線香上げさせて貰う事が出来て・・・
タローちゃんは最後の最後まで律儀な猫でした。
Commented by nobulinn at 2012-05-27 00:05
makudecoさん
こんばんは。
タローちゃん、120歳だったのですね。
う~ん、よくがんばったと思う。
よたよたしながら、こちらに来てくれて・・・それも辛い日は、しっぽで挨拶してくれたっけ・・・
ほんと律儀な子でした。
お父さんも、私はお会いしたことないけれど、きっと愛情深い方なのでしょうね~。
最後に小屋の前にあった文面からも感じることができます。
お線香揚げることできて、よかったね。
タローちゃんは、ねこと暮らしたことのない私にとって、特別な存在のねこになりました。
Commented by kerosanba-kero at 2012-05-31 16:29 x
22才ってすごい長生きですね。
動物は人間より生きる時間が早いので仕方の無い事かも知れないけれど・・・やっぱりいなくなると寂しいですね。
皆に愛されてきっと小坪タローちゃん幸せだったでしょうね。
nobulinnさんの記憶の中でタローちゃんは生き続けていますよ・・・きっと!
Commented by nobulinn at 2012-06-01 00:05
kerosanba-keroさん
こんばんは。
そうですね、22才というのはかなりの長生きですよね。
とても大切にされていたねこさんだったから・・・
それに、とても性格が穏やかだったのもよかったのかもしれませんね。
多くの人たちに愛された子でした。
もう会えないと思うと寂しいけれど、いつまでもタローちゃんのことは忘れないと思います。
ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 5月の始まりは潮風の街で・・・ *6 5月の始まりは潮風の街で・・・* 4 >>