<< 晴海から月島へ・・・ 晴海埠頭、夏の終わり >>
晴海から・・・
晴海埠頭は、日影がなくて、長時間いるのはとても無理そう・・・早々に後にしました。ほんとは夕暮れ時からがすてきなのだけれど、また今度。でも、まだちょっと撮り足りない気分。もう少し歩こうか・・・
c0082066_14333161.jpg
c0082066_1434025.jpg
c0082066_14341535.jpg
c0082066_14345975.jpg

c0082066_14384998.jpg

by nobulinn | 2012-09-07 08:15 | その他東京23区 | Comments(2)
Commented by photo-nupuri at 2012-09-08 21:21
人がいることが前提になっていない街の景色ですね。
空き缶もパイロンもガードレールも、人間なんて関係ないと
言いたげなように感じました。
Commented by nobulinn at 2012-09-09 00:15
photo-nupuriさん
こんばんは。
真夏の昼間の埠頭・・・いつもより一層人のための風景ではないその印象が強くなっているように感じました。
東京湾岸の埋め立て地の大型トラックの轍がある道路を歩いていると、ほんとに人が歩くための街ではないな~と思うのですが、こんな環境の中、不思議と人と自然の共存のようなものも感じることがあります。
人も自然も少し野蛮にそれぞれの道を行く感じ・・・ちょっと荒涼としたそんな風景が、何故か心にぴったりとくる感じがあり、時々湾岸地帯に足が向いてしまうのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 晴海から月島へ・・・ 晴海埠頭、夏の終わり >>