<< 秋の秩父路 1 ツルヒメソバナのある窓辺 >>
今年の秋も・・・
今年もいつもの秋祭りへ・・・あっ、あのおじさん(勝手にファン、笑)は、今年は今川焼き屋さんだ!
c0082066_23341717.jpg

c0082066_23255740.jpg
c0082066_23263928.jpg
c0082066_2327391.jpg
c0082066_23272785.jpg

c0082066_23335520.jpg

c0082066_2328596.jpg
c0082066_23281573.jpg
c0082066_23292363.jpg

c0082066_23352996.jpg

前からブログを見てくださっている方たちの中には、「あっ、今年も・・・」なんて思い出してくださる方もいらっしゃるかな・・・日々写真を撮っていると、毎年毎年同じこと繰り返してるな~って感じます。1年1年、いろんなことがあって、生活のサイクルとかいろんな想いとかあたりまえに結構変わったりしているのだけれど、新しい年を迎え、お正月だ、七草だ、温泉だなんてしてるうちに、春を待ちかねて海に行ったり・・・そして節分、もう気分は春で・・・いつもの場所でさくらを愛でたりするうちに季節はどんどん進んで、海辺の街で夏を見送る。べったら市は去年から新たに加わりそうな習慣だし、その後には秋祭り・・・そろそろあそこの銀杏も色づく頃だな~。毎年の繰り返される習慣、決まり切っているようで、決して同じではない。私自身もたぶん日々変わっているのだから・・・それでも、こうして毎年同じようにこの大好きな場所にいられることってうれしいなと思う。10年前だったら、こんな風には思わなかったかもしれない。変化も大好きだけれど、変わらないこともとても愛おしい・・・そんなことを思う秋の宵でした。
by nobulinn | 2012-11-12 00:17 | その他東京23区 | Comments(12)
Commented by kozoh55 at 2012-11-12 00:36 x
お晩です、nobulinnさん
秋祭りの風景、人、いいですねえ、子供の姿、表情。
同じ物を見ていても、違って映る、
同じことをしていても、そのこと自体を楽しめて
好きになってくる。
私も最近そんな風に感じることが多いです。
ありきたりの街並みが、宝物に見えてきますね。
nobulinnさんから刺激を受けて、先々週、十条に行った際に
つくづくそう感じました。
おかげさまで、今日、半分アップすることが出来ました。
改めて感謝いたします。
外出が続いていたため、他の記事はこれからじっくり
読ませてもらいます。
Commented by mn3m at 2012-11-12 20:23
子供達の真剣な表情が良いですね~
全くカメラを意識していないのも良いですよ。
Commented by mfak at 2012-11-12 22:25
こんばんは。

あー「型抜き」懐かしい。それを見つめる兄さんの視線も優しい。

懐かしい、と思えるほどに齢を重ねたかあ。
今度、屋台で見つけたら子供たちに混ざってやってみようかしら。
Commented by nobulinn at 2012-11-13 06:03
kozoh55さん
おはようございます。
ありがとうございます。
いつもの秋祭りの風景、年を重ねるごとにより好きになっていっているように感じます。
その時の心境によって、いつもの見慣れた風景も変わって見えることもあるかもしれませんね。
十条は楽しまれたご様子で・・・
たくさんお撮りになったのですね?
しばらくは活けそうにありませんが、私もあの界隈は久しぶり・・・また歩いてみたくなります。
Commented by nobulinn at 2012-11-13 06:04
mn3mさん
おはようございます。
ありがとうございます。
夜店を覗く子どもたちの目はとても真剣・・・
お祭りの夜は特別なのですね。
毎年のように夢中でシャッターを切ってしまいます。
Commented by nobulinn at 2012-11-13 06:06
mfakさん
おはようございます。
ありがとうございます。
型抜き、懐かしいですか?
ここの秋祭りでは毎年恒例になっています。
時々他のお祭りでも見かけることがありますが、私はやったことがありません。
そうですね、今度挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね(^^)
Commented by kerosanba-kero at 2012-11-13 12:09
変化も大好きだけれど、変わらないこともとても愛おしい・・・
わかります。
上手く言えないけれど最近しみじみと自分の居場所を愛して暮らしてゆこうと思うようになりました。好きな場所があるっていいですね。
3枚目の男の子達の表情がとてもいいですね。
nobulinnさんは表情を捉えるのがとてもお上手ですね~いいわぁ♪
それと、おじさんの今川焼き美味しそうですねぇ。
Commented by surigon at 2012-11-13 22:51
子供の頃、お祭りって大好きでした(今もか)
スーパーボールとかチョコバナナとか、懐かしいなぁ~
毎年、季節の行事を楽しむって、いいことだと思います
じっくり生きている日々を楽しむっていうのかな?
次の10年後も幸せでありますように^^
Commented by nobulinn at 2012-11-14 22:10
kerosanba-keroさん
こんばんは。
そうですね、知らない場所、知らないこと・・・新しいこともわくわくするけれど、とても大切で思い出したように訪れても、変わらずそこにある場所、そう言う場所はとても落ち着かせてくれますよね。
1年に1回、繰り返される行事とかも同じかもしれません。
3枚目、ありがとうございます。
子どもたちの真剣なまなざしに惹かれました。
そして、今川焼きをつくるおじさんの真剣な表情にも・・・(笑)。
肌寒くなる季節、熱々の今川焼きはおいしいですよね。
Commented by nobulinn at 2012-11-14 22:15
surigonさん
こんばんは。
お祭り、お好きですか?
私はそれほどお祭り大好きというタイプではないのですが、夜店のこの光景はどこか寂しげで、心惹かれてしまうんです。
そうですね、懐かしい感じもありますね。
毎年、毎年・・・ここ数年通っています。
いわゆる決まり事の行事もですが、それ以外に自分だけの楽しみとしての毎年の恒例のことってちょっとうれしいなって思っています。
今年もここに来れたな~という想いは、年を重ねると大きな喜びにもなるのかもしれませんね。
Commented by メバル at 2012-12-01 14:25 x
アッ、私も見覚えがあります、このおじさん!
Commented by nobulinn at 2012-12-01 23:44
メバルさん
こんばんは。
えっ、ほんと!?
なんだかうれしいな~(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秋の秩父路 1 ツルヒメソバナのある窓辺 >>