<< 梅待ちの頃、坂の多い散歩 4 梅待ちの頃、坂の多い散歩 2 >>
梅待ちの頃、坂の多い散歩 3
          坂の上の湯島天神を見上げる真下あたり、しっとりと風情ある佇まいが残っていました。
c0082066_22314757.jpg

c0082066_22292140.jpg

c0082066_22213948.jpg

c0082066_22334996.jpg

c0082066_22244662.jpg

by nobulinn | 2013-03-03 22:08 | その他東京23区 | Comments(6)
Commented by やっとかめ at 2013-03-04 10:55 x
一瞬神田のまつやさんかと思いました。
何屋さんなんでしょう?
横の道路標識は行き止まり?
そんな図柄は見たことがありません。
Commented by surigon at 2013-03-04 17:39
いいですね~
木造の建物は温かみがあるし、絵になるし^^
Commented by nobulinn at 2013-03-04 23:31
やっとかめさん
こんばんは。
1枚目の建物、たしかにまつやさんとちょっと似た雰囲気かもしれませんね。
飲食店だったか・・・違ったかな・・・
また行ったら、よく見てきます。
あっ、標識も・・・(^^;)
Commented by nobulinn at 2013-03-04 23:32
surigonさん
こんばんは。
古い木造の建物ってほんと良い造りですよね。
ありがとうございます。
Commented by photo-nupuri at 2013-03-08 20:32
鰈の干物。
どちらかの家でしょうか、お店さんでしょうか。
酒のあてか、夕餉のおかずか。
東京のど真ん中ですよね。いいですなあ。
Commented by nobulinn at 2013-03-08 22:53
photo-nupuriさん
こんばんは。
鰈がほしてあったのは、たぶん小料理屋さんかなにかのお店だったと思います。
はい、東京の真ん中です。
意外とひっそりとした路地の風景に出会えました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅待ちの頃、坂の多い散歩 4 梅待ちの頃、坂の多い散歩 2 >>