<< 行田 6 行田 4 >>
行田 5
               なんだか全てが愛おしいようで、何度も何度もシャッターを切った。
c0082066_16585086.jpg
c0082066_16591549.jpg
c0082066_16595575.jpg
c0082066_1702179.jpg
c0082066_1703571.jpg




池を見つめていたら、カエルになりかけのおたまじゃくしが水底から一直線に上がってきて、呼吸して、またすーっと潜っていく・・・ということを何度も繰り返していた。たぶんえら呼吸から肺呼吸に移る過程での行動だと思うのだけれど、その様子がおもしろくて、ジャックマイヨールみたいだ!と思わず見入ってしまった(^^;)
c0082066_2326980.jpg

c0082066_23265847.jpg

by nobulinn | 2014-09-13 23:52 | 少し遠く | Comments(2)
Commented by yattokamedagaya at 2014-09-14 11:24
看板は右から読むのか左からか迷います(笑)。
田舎にもあったな、シンガーかジャノメかブラザーの
足踏みミシンが。業務用でもほぼ同じ構造ですね。
馬かアフガンハウンドの胴体のような形状が
カッコいいんですよね。──電話、新しすぎます(笑)。
Commented by nobulinn at 2014-09-14 23:25
yattokamedagayaさん
こんばんは。
ひとつの絵の中に混ざっていると混乱しますね(笑)。
足踏みミシンは祖母の家にもありました。
どこかのカフェでこの足の部分だけ使った机を見たことがありましたが・・・
馬かアフガンハウンドの胴体部分なのですね!
一瞬なんのことかわかりませんでしたが、たしかにそうですね(^^;)
あっ、この電話は新しすぎましたか・・・残念です(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 行田 6 行田 4 >>